Pythonでできることとは?世界的に人気のスクリプト言語を学習する方法

プログラミング思考

近年人気を高めているプログラミング言語が、Pythonです。データ分析や数量計算を得意とし、人工知能(AI)や機械学習などに関連したプログラムを簡単に構築できるとあって、これからもPythonの人気は高まり続けることが期待されます。実行の容易なスクリプト言語であることも、Python人気に一役買っていると考えられるでしょう。

そこで今回は、人気のプログラミング言語であるPythonの概要とPythonで作れるもの(機能)についてご紹介します。

Pythonの基礎知識

Pythonの基礎知識として、その特徴を中心にご説明します。「可読性が高い」「データ分析向き」といったメリットを覚えておきましょう。

Pythonとは?

Pythonは1991年に開発されたプログラミング言語です。JavaやC言語などのように「コンパイル」という作業を踏まないと実行できないプログラムとは異なり、ソースコードを書いたらすぐに実行できる「スクリプト言語」の一つです。コンパイル不要であることから開発作業を効率的に進められるため、スクリプト言語は世界的にも高い人気を誇ります。

Pythonはオブジェクト指向言語でもあります。オブジェクト指向とは、関連する変数や関数などを機能ごとに「オブジェクト」としてまとめ、このオブジェクトを組み合わせることでプログラム全体を構築しようという考え方です。オブジェクト指向でプログラミングを進めることで、再利用性が高くバグを減らしやすくなります。オブジェクト指向はほかの言語でも採用される思想であり、Pythonもオブジェクト指向によって開発の効率を高めています。

Pythonを語るときに欠かせないのが、データ分析との関連です。Pythonはプログラミング言語の中でも数値計算のための「ライブラリ」と呼ばれるプログラムのかたまりが数多く用意されており、いちいち数値を計算するコードを書かなくても容易に計算機能の備わったプログラムを作れます。そのため、データ分析に適している言語として人気です。

Pythonの主な特徴

Pythonの特徴は、初心者でも学びやすいことです。JavaやC言語などといったプログラミング言語に比べてシンプルな文法を持ち、コードを感覚的に読み書きできます。複雑なプログラムでも少量のコードで実現できるため、プログラミング初心者が最初に学ぶ言語としてもおすすめです。実際、子供のプログラミング教育用としてPythonが採用されることもあります。

短いコードでプログラムを作れるのは、ライブラリが豊富であることを示しています。自分で一からコーディングすることなく、ライブラリを呼び出すだけで多種多様な機能を実現できるため、開発を効率的に行えます。また開発の土台となるフレームワークも数多く用意されています。

Pythonの詳しい特徴については、「プログラミング言語Pythonを学ぶメリットと初心者のための学習ステップ」を参考にしてください。

Pythonでできること

初心者がプログラミングを学ぶ上で、「プログラムで何をするか」を意識することが重要です。ここでは、Pythonでできることを3つの角度からご説明します。

・アプリの開発

まずWebアプリケーションの開発が挙げられます。動画配信サービスYouTubeや写真共有アプリInstagram、写真共有サイトPinterest、オンラインストレージサービスDropbox、情報保管アプリEvernoteなど、日本でも広く使われるアプリがPythonで作られています。かつては小規模なアプリケーションに使われることの多かったPythonですが、今では大規模かつ世界的に使われるWebサービスにも当たり前のように使われています。

Webアプリだけでなく、パソコンのデスクトップ上で使うデスクトップアプリもPythonで開発できます。メモ帳やMicrosoftのOffice製品(Word、Excelなど)などデスクトップアプリは最初からパソコンにインストールされていることが多いのですが、自分でこうしたアプリを作ることもできるわけです。

・機械学習

近年Pythonが脚光を浴びているのは、機械学習や深層学習(ディープラーニング)、人工知能(AI)、ビッグデータなどと相性がよいためです。Pythonにはデータ分析や機械学習専用のライブラリが多く準備されていることから、統計解析や人工知能の開発に適しています。

機械学習や人工知能、ビッグデータ分析などに関連した産業が注目を浴びています。こうした分野で仕事をしていきたいのであれば、Pythonの習得は必須と言ってもよいでしょう。ライブラリが整っているので、意外と簡単に機械学習によって分析や予測を行うプログラムを構築できます。

・効率化

人工知能とまでいかなくても、仕事における単純作業をPythonのプログラムで自動化・効率化できます。先ほどご紹介したEvernoteも、情報収集や保管を効率化するアプリケーションの1つです。ファイル作成やフォルダの整理など、ちょっとした作業もPythonで効率化すると楽しいかもしれません。

Pythonを学習するメリットと方法

Pythonを習得することには、大きなメリットがあります。Pythonを身に付けるメリットと学習方法についてご説明します。

Pythonを学習するメリット

AIや機械学習のアプリケーションが数多くPythonで構築されており、GoogleやFacebookなどといった巨大テクノロジー企業もPythonの技術に注目しています。特にアメリカでは、Pythonを扱える技術者に対するニーズが高いとされています。日本ではアメリカほどのニーズはないものの、AIや機械学習、ビッグデータなどの分野はこれから日本でも盛り上がると考えられるため、今のうちから身に付けておくと就職や転職しやすくなる可能性があります。

先ほどもお伝えしたとおり、Pythonはシンプルな文法構造を持つことから初心者でも学びやすいです。最近になって日本語の学習用コンテンツも増加傾向にあり、学習環境が整ってきています。将来のことを考えて、子供に学ばせるのもよいでしょう。

Pythonの主な学習方法

Pythonを学ぶには、学習サイトや書籍、プログラミング教室を活用するのがおすすめです。

・学習サイトを利用する

インターネット上で無料・有料の学習サイトがあるため、学習目的やレベルに合わせてそうしたサイトを利用する手があります。実際のコーディング例や動画解説のあるサイトがおすすめです。

プログラミング経験者か、自分のペースでコツコツと集中して学べる自律心のある人にこうしたサイト利用による学習が向いています。

・本から学ぶ

本を購入して学ぶのも、やはり独学の方法としておすすめです。「学習サイトがあるから本は不要」と思うかもしれませんが、初心者に必要な知識が体系的にまとまっているという点では本も捨てたものではありません。

本を横に置いて参考にしながらコーディングを進められるので、初心者向けの本を1冊は購入するとよいでしょう。

・プログラミング教室に通う

独学が難しい人は、プログラミング教室に通うとよいでしょう。コーディングに詰まったときは講師に質問できますし、周りにプログラミング仲間もできます。こうした他人の目があると集中できるという人も多いでしょう。

プログラミング教室が近所にないならば、オンラインスクールを利用するとよいでしょう。やはりいつでも質問できますし、講師に教えてもらいつつ、自分のペースで学習を進められます。本当に一からプログラミングを学び始めたいという人は、まずプログラミングを習慣化すべく教室を利用するのも1つの手です。

将来性のあるPythonを学べばキャリアアップに

PythonはAIや機械学習など、社会とビジネスを大きく変えることが期待される分野の根幹をなすプログラミング言語です。Pythonをマスターした技術者はほかの言語と比べて多くないと考えられますから、今のうちに学んでおくとキャリアアップにつながる可能性もあります。

決してハードルが高いわけではなく、シンプルな構文と読み書きしやすいコーディングルールで初心者にも学びやすいプログラミング言語です。ぜひPythonを身に付けて、未来のキャリアにつなげてみてはいかがでしょうか。

    関連記事

    1. かわいいHTML

      プログラミング初心者におすすめのHTMLとは?関連言語と基本タグ

    2. タブレットを触ろうとする赤ちゃん

      プログラミング教育の必要性は?子供の将来への影響と学びやすい言語

    3. C言語プログラミングコード

      C++でできることとは?C言語との違いとメリット・デメリット

    4. プログラミングコード表示されているノートパソコン

      中学校のプログラミング教育の現状と子供の学習環境作りのポイント

    5. プログラム画面の一部

      プログラミング言語「Go」とは?押さえておきたい基礎知識と活用事例

    6. プログラムコードとハニカム構造

      Swift入門者が身に付けておきたいスキルや、基本的な学習方法とは?