Ruby on Rails入門|初心者でも扱いやすいフレームワークの学び方とは?

プログラムを入力している

プログラミングの学習をしていて「フレームワーク」という言葉を耳にしたことはないでしょうか?
フレームワークには「型」や「枠組み」といった意味がありますが、プログラミングにおけるフレームワークは「プログラムの雛型」という意味になります。
今回は、RubyのフレームワークであるRuby on Rails(ルビー・オン・レイルズ)の基礎知識と、学習方法について紹介します。

Ruby on Railsとは?

Ruby on RailsとRubyは同じものだと思われがちですが、実は全くの別物です。まずは、Ruby on Railsがどんなものなのかをみていきましょう。

Ruby on RailsとRubyの違い

Ruby on RailsはRubyのフレームワークの名称で、Rubyを使ったWebアプリケーション開発の骨組みとなるものです。

 Ruby=プログラム言語
 Ruby on Rails=Rubyで使われるフレームワーク

つまり、RubyとRuby on Railsは全く別物で、Ruby on RailsはRubyでの開発をスムーズにするための道具のようなイメージになります。

現代はさまざまなプログラミング言語が存在しますが、どの言語も専用のフレームワークが存在し、これを使うことでスムーズに開発が行えるようになっているのです。

Ruby on Railsの特徴

Ruby on RailsはWeb開発を得意とするフレームワークで、Webサイトやアプリケーション、ゲーム、業務システムなどの開発には最適だといえます。開発速度が速いため新しい機能も追加しやすく、企業やサービス独自の機能追加も柔軟に対応することが可能です。そのため、自社サービスを行っている会社やスタートアップ企業では、Ruby on Railsが好まれる傾向にあります。

また、Ruby on Railsには応用範囲が広いという特徴もあり、SNSやマッチングサービスはもちろん、オンラインゲームやさまざまな業務システムの開発にも用いられるようになりました。

RubyにはMerbやWaves、Sinatraといった他のフレームワークも存在しますが、そのなかでも多くの開発で使われているのがRuby on Railsなのです。

Ruby on Railsを使うメリットと活用事例

近年ではさまざまなシーンでRuby on Railsが採用されていますので、具体的なメリットや活用事例を紹介します。

Ruby on Railsを使うメリット

Ruby on Railsにはいくつかの魅力が存在しますが、特に大きなメリットとなるのが下記の3つです。

・少ないコード量でプログラムを組める

Ruby on Rails にはDRY(Don’t Repeat Yourself)という原則が設けられており、「繰り返すな」という意味の通り、同じソースコードをできるだけ繰り返さない仕様になっています。ファイルの中に同じソースコードがいくつも書かれていると、アプリケーションの仕様変更などをする際に一部変更し忘れることがありますが、DRYのような規則があれば仕様変更なども効率的に行えます。

また、DRYにより少ないコードでプログラムを組むことができるので、比較的簡単にアプリケーションをつくることができるのです。

・判断を減らすことができる

Ruby on RailsはCoC(Convention over Configuration)、つまり「設定よりも規約に従う」という考えで設計されています。そのため、あらかじめ用意されている規約に従ってアプリケーションを開発するのが原則です。
これは、開発者の決定事項をできる限り減らすことを目的としており、ロジックに集中することでより効率的なアプリケーション開発を行うことができます。

・直感的にコードが書ける

Ruby on RailsではMVCアーキテクチャ(MVCモデル)という設計方法がベースとなっており、Model・View・Controllerの3つに分けて開発を行うことで効率的、かつ、高い生産性を実現しています。

・Model(モデル):データを扱う箇所
・View(ビュー):ユーザーが直接目にする箇所
・Controller(コントローラー):ModelとViewの連携、結果反映を行う箇所

Ruby on Railsの活用事例

Ruby on Railsで開発したサイトやサービスは、私たちの身の回りに多く存在しています。
例えば、さまざまなレシピが共有できる「Cookpad(クックパッド)」やクラウドソーシングの大手で知られる「CrowdWorks(クラウドワークス)」、動画配信サービスの「Hulu(フールー)」なども開発にRuby on Railsが使用されているのです。

【Ruby on Railsで開発されたサイト例】

・Cookpad
・CrowdWorks
・Hulu
・Freee
・Airbnb
・Progate
・Wantedly
・Udemy
・食べログ
・グノシー
・TABI LABO
など

普段サイトを見る時にフレームワークを意識している人はあまりいないと思いますが、こうして見るとRuby on Railsは私たちの身近で活用されていることがわかります。

Ruby on Railsの主な学習方法

Ruby on Railsにはいろいろな学習方法がありますが、自分に合った方法を選ぶことが大切です。ここでは効率的に学べる方法3種類を紹介します。

チュートリアルサイトを活用する

インターネットが普及している現代では、インターネット上でRuby on Railsを学習することができます。近年プログラミングが注目されていることもあり、Ruby on Railsに関するサイトも多く存在しているのです。学習サイトの種類も初歩的なものから上級者向けまで幅が広く、子供向けのサイトや、既存のWebサイトを題材にして学べる実践的なものまでありますので、自分の目的に沿って学ぶことができます。

こういったチュートリアルサイトを活用した学習方法では、スマートフォンやタブレットがあればどこでも学習することができ、費用もかからないというのもメリットだといえるでしょう。

専門書から学ぶ

Ruby on Railsには多くの専門書も存在していますので、基礎からしっかりと学びたい場合は学習書籍を利用して学ぶという方法がおすすめです。参考書であれば自由に書き込みができますし、インターネットの有無を気にせず学習することができます。

ただ、専門書の数は非常に多くなりますので、しっかりと自分に合ったものを選ばないと理解が難しく、学習効率も下がってしまいます。そのため、専門書を選ぶ際は実際に書かれている内容を確認し、見やすさや理解しやすさを確認してから購入するようにしましょう。

また、Ruby on Railsでアプリケーション開発をしている人が身近にいるのであれば、その人が使用した専門書を参考にしてみるのもおすすめです。

プログラミング教室に通う

チュートリアルサイトや専門書を使った独学に不安がある人や、本格的な知識を習得したいという人は、プログラミング教室に通って学習するのがおすすめです。プログラミング教室に通う場合はそれなりの費用がかかりますが、専任の講師がいるため、わからないことがその場で解決できたり、自分のレベルに合った課題・ペースで学習を進めたりすることができます。

Ruby on Railsを学びたい人が集まる場所でもありますので、同じ目的を持った人との交流や情報交換ができるというのも魅力といえるでしょう。また、Ruby on Railsを最短で習得したいという人にも最適な方法です。

開発者の負担を大きく減らしてくれるRuby on Rails

Ruby on Railsは直感的にアプリ開発ができたり、開発者がロジックに集中しやすい仕様になっていたりと、他のフレームワークにはない魅力を持ち合わせています。そのため、Ruby on Railsを採用するサービスや企業は年々増加しているのです。

しかし、いくら扱いやすいとはいえRuby on Railsの知識を習得するのは決して簡単ではありません。Ruby on Railsは「Rubyのフレームワーク」ですので、Ruby on Railsでアプリ開発をするにはRubyの習得が必要になります。

またフレームワークというのは、一般的な共通コードが書けることを前提としてつくられたソフトウェアですから、全くの初心者がRuby on Railsを学習しても理解に苦しむこととなるでしょう。そのため、Ruby on Railsを学習する前にはしっかりと自分のレベルを自覚し、段階を追って学んでいくことが大切です。

プログラミング知識は1日で学べるものではありませんので、腰を据えて確実な学習を行っていきましょう。

    関連記事

    1. キーボードとスマートフォン

      Javaを独学で習得する方法とは?学習のメリットと必要なステップ

    2. 授業中の様子

      習い事No.1、プログラミング教室に子供を通わせるメリットとは?

    3. 本から飛び出すイラスト

      Ruby入門|学習時に知っておきたいプログラミング基本用語と文法

    4. 地球と町とパステルの光

      将来性のあるプログラミング言語とは?習得するメリットと学習方法

    5. パソコンの数値レポート画面

      プログラミング言語Pythonを学ぶメリットと初心者のための学習ステップ

    6. スーツ姿でガッツポーズの手

      システムエンジニアになるには?仕事内容と将来性、求められる能力