Swift入門者が身に付けておきたいスキルや、基本的な学習方法とは?

プログラムコードとハニカム構造

近年、Appleが開発を行ったプログラミング言語「Swift」が注目を浴びています。日本ではiOSユーザーが約半数にも及ぶことや、Swiftエンジニアが増加していることから、今後さらにニーズが増えると予測されているのです。
そのため、Swiftを学びたいと思う人も多くなっていますが、プログラミング初心者となると「何から手を付ければ良いのかわからない」というのが大半ではないでしょうか。

そこでこの記事では、Swift入門のための基礎知識や、おすすめの学習方法について紹介します。

プログラミング言語Swiftを学習するメリットとは?

今後ニーズが増えるといわれているSwiftには、ほかの言語よりも優れた特徴があったり、習得することで就職が有利になったりと、さまざまなメリットがあります。

Swiftとは?

Swiftは、Apple社が開発し2014年にリリースとなった新しいプログラミング言語です。iOSやMacといったApple関連のアプリはもちろん、多くのWebアプリ開発にも用いられています。ほかの言語と比べてコードの読み書きがしやすく、2015年にはSwiftのコードが世界中に公開されたため、現在は誰でも開発することが可能です。

そのため、将来性のあるプログラミング言語の1つとして注目されており、Swiftを学習する人が増えてきているのです。

Swiftを学ぶメリット

SwiftはApple社が開発したプログラミング言語というだけあって、習得すればiPhoneアプリやiPadアプリ、Apple watchアプリといったあらゆるApple製品の開発ができるようになります。

Apple製品の世界シェアといえば、ほかの有名メーカーを差し置いて常にランキング上位を誇っていますから、Swiftを学ぶことには就職や転職が有利になったり、将来的な安定が見込めたりといったメリットがあるのです。

また、Swiftは比較的新しい言語のため、ほかの言語の良い部分が活用されています。言語の仕様に無駄が少ないうえに、高速で安定した動作をするようにつくられていますから、言語としても非常に優秀だといえるでしょう。

Swiftの学習にかかるコスト

Swiftの学習コストは、ほかの言語に比べて低いといえます。なぜなら、SwiftはRubyやJavaなどに比べて覚えることが少なく、初心者でも気軽に学べる言語だからです。

例えば、Javaを使ったWebアプリの開発では「HTML、CSS、Java Script、Java」の4種類の言語が必要になりますので、結局4言語を習得しなければなりません。しかし、Swiftの場合は、SwiftだけでWebアプリをつくることができますから、ほかの言語を学ぶ必要がないのです。

ただ、Swiftでアプリ開発をする場合は、「X code(エックスコード)」というアプリケーションの使い方を一緒に覚えておくとスムーズに開発が行えるのですが、X codeは英語で提供されています。そのため、英語が苦手な人はSwiftのほかに英語の学習も必要となるでしょう。

Swift入門者が習得したいスキルと知識

Swiftで実際にアプリ開発をするには、Swift言語以外にも習得しておくべきスキルや知識があります。

Swiftの基本操作

Swiftでアプリ開発をするには、まずSwiftをきちんと操作できなければなりません。Swiftは2014年の誕生以来、数回にわたってアップデートを行っており、文法や仕様も大幅に変更となっていますので、最新の文法やコードを身に付けておく必要があります。

Swiftの基本的な文法は、ほかのプログラミング言語を習得している人であれば比較的馴染みやすいといえます。

《基本的な型の名前》
・Bool
・Int
・Float
・Double
・Character
・String
・Array
・Dictionary
・Optional など

まずは基本的な部分から習得していきますが、難易度の高い使い方を習得したい場合は実践で覚えた方が効率的ですので、実際にアプリ開発に着手する際に覚えると良いでしょう。

X code(エックスコード)の使い方

X codeはApple社が開発したソフトウェアで、MacやiPhone、iPadなどのアプリ開発に必要な機能を備えている開発ツールです。ソースコードを機械語に翻訳するコンパイルや、バグを取り除くデバッグといったアプリ開発、ファイル管理の一連などをサポートしているという特徴があり、「統合開発環境(IDE)」とも呼ばれています。

代表的なツールの1つには、アプリのインターフェースを作成するInterface Builder(インターフェースビルダー)があり、ボタンやテキストといった要素をマウスで簡単に配置することができて、非常に便利です。現時点では英語表記のみの仕様ですが、X codeにはほかにもさまざまなツールが含まれていますので、使いこなせるようになると学習効率を向上させることができるでしょう。

アプリ開発の知識

また、アプリを開発するためには「Storyboard(ストーリーボード)」の機能を習得するのがおすすめです。

Storyboardは、X codeでプロジェクト作成をする際にユーザーとデバイスを自動で繋いでくれるUIビルダーです。画面のレイアウトやアプリケーション、全体の遷移までを簡単に作成することができますので、アプリ開発初心者が使えば効率的に作業がしやすくなるでしょう。基本的にはプログラムを組まなくても作成ができますが、プログラムを組み合わせればより精度の高いアプリに仕上がります。

また、iPhoneアプリの開発を考えているのであればiOSの仕様についても理解を深めるべきです。ソフトウェアは定期的にバージョンアップされるものですが、根本的な仕様を理解していれば、バージョンアップのたびに一から覚えなおす必要がありません。さらに、Apple製品向けのiOSアプリをつくる場合はAppleの審査に通過しなければなりませんので、Appleの規約についても熟知しておくと良いでしょう。

Swift入門者におすすめの学習方法

ほかのプログラミング言語に比べて覚えることが少ないSwiftは、さまざまな方法で学習することが可能です。ここでは主な学習方法を紹介します。

iPadアプリで学習する

Apple社では、より多くの人にSwiftを習得してもらうため「Swift Playgrounds」という無料の学習アプリを提供しています。Swift Playgroundsでは、実際のコードを扱いながら学ぶというスタイルになっており、ゲーム感覚で学習できるのが魅力です。課題も段階を追って徐々にむずかしくなり、初歩的なところから自分のペースで進めることができますので、入門編としてはわかりやすく、気軽に学べる教材の1つといえます。

また、アップデートによりバージョン2.0となった現在では、いろいろなクリエイターたちがつくったプレイグラウンドの購買ができるようになっており、コンテンツの閲覧やダウンロードも可能です。

身近な人に相談しながら学習する

実際にSwiftを使ってアプリをつくった人が身近にいる場合は、その人に相談しながら学習するのもおすすめです。教えてくれる人がいる場合はわからないことを質問することができ、早い段階で疑問を解消できるというメリットがあります。また、実際に書いたコードを見せてもらえれば、アプリの作り方やSwiftの特性などをイメージしながら学習することが可能です。

コードの書き方やアプリ作成の手順が全くイメージできず、なおかつ、Swiftに詳しい人が周りにいない場合は、プログラミング教室の利用も視野に入れてみると良いでしょう。

入門書で学習する

近年ではSwiftに関する書籍もたくさん出回っており、自分に合った入門書を選べば独学でも深い知識を身に付けることができます。

ただし、Swiftはほかの言語と比べてアップデートが多く、古いバージョンに準じた書籍を選んでしまうと情報が誤っている場合があります。そのため、購入の際は内容が最新かどうかをチェックするようにしましょう。

プログラミング言語の学習サイトを利用する

インターネットが普及している現代、知りたい情報のほとんどはインターネットから得ることができます。これはSwiftの学習に関しても同じで、ネット上には動画を交えてわかりやすくした初心者用の学習サイトも多く存在しています。

また、こういったサイトはPCやスマホがあればどこでも学習できますので、コストもかからず効率的だといえるでしょう。

Swiftはアプリ開発を想定しながら学ぶのが効率的

Apple社が開発したSwiftは、コードの読み書きがしやすく将来性があることが大きな魅力といえます。

実際にアプリを開発するには、Swift言語のほかにも英語やX code、アプリ開発の知識などが必要となりますが、これらはさまざまな方法で学習することが可能です。特にiPadアプリのSwift Playgroundsでは、実際にコードを扱い楽しみながら学習ができますので、アプリの開発シーンもイメージしやすくなるのではないでしょうか。

また、開発シーンのイメージができれば自ずと習得するべき知識やスキルもわかります。Swiftを学ぶ際はイメージ力をはたらかせてみましょう。

    関連記事

    1. カラフルなプログラミング言語

      プログラミングの原点・C言語とは?開発できるものと学習方法

    2. ブロンドの少年少女がパソコンを見ている

      IT教育の目的とは?国内の現状から、企業、海外の取り組みまで

    3. 本の上に地球儀

      海外のプログラミング教育はどれくらい進んでいる?日本との違いは?

    4. プログラム画面の一部

      プログラミング言語「Go」とは?押さえておきたい基礎知識と活用事例

    5. ズームされたプログラミングコード

      プログラミングでできることとは?活用例と各種言語の特徴

    6. プログラミングコード表示されているノートパソコン

      中学校のプログラミング教育の現状と子供の学習環境作りのポイント