プログラミング言語PHPの特徴とは?習得するメリットと効果的な学習法

キーを押してる人差し指

PHPはWebページを作るときなどによく用いられる、人気のあるプログラミング言語の一つです。また、初心者にとって比較的取り組みやすいプログラミング言語でもあります。

ここでは、プログラミング言語PHPにどのような活用方法があるのか、また、どのように学べばよいか、をご紹介します。

プログラミング言語PHPの主な特徴

PHPは取り組みやすい言語の一つであることから、プログラミング言語の人気ランキングでも常連の言語です。

PHPが最も多く使われるのは、動的なWebページを作る場面です。

私たちが日頃アクセスするWebページは、HTMLという言語で記述されます。

HTMLだけで記述されたWebページは、固定の情報がいつアクセスしても変わらず表示され、いわば静的なWebページです。例えばイベントの告知情報を載せたページなどは、静的なWebページとして作られることが多いです。

一方で、アクセス時に入力されたデータやユーザー情報、タイミングなどに応じて表示される情報を変える、動的なWebページが必要な場面も数多くあります。

例えば、ブログサイトやインターネット上で買い物ができるECサイト、友達と記事やメッセージをやりとりできるSNSサイトなどは動的なWebページです。

プログラミング言語PHPは、HTMLの中に埋め込んで記述することでこうした動的なWebページを作成することができます。

HTMLに埋め込むことで処理を直感的で分かりやすく記述できること、さらに、プログラミングの規則が比較的単純で覚えやすいことから、PHPは初心者でも気軽に使えるプログラミング言語です。

また、動的なWebページ、とくに商用システムなど大規模で複雑なデータを扱う場合にはデータベースがよく用いられます。PHPはそうしたデータベースと連携するための機能や関連ツールが充実しており、データベースへのアクセスが簡単にできるようになっています。

それでは、PHPを使用している主なサイトをご紹介します。

一つは、ブログサイトを構築するときなどに用いられるCMSサイトです。代表的なCMSサイトにWordPressがあります。WordPressはPHPで記述されており、ブログに記事が投稿されるとデータベースに格納し、ブログにアクセスがあるとデータベースから記事のデータを読み込んでWebページとして表示する仕組みになっています。

もう一つはECサイトです。
ECサイトでは、商品の購入、予約、問い合わせなどをお客様から受け付け、必要なデータをデータベースに格納します。格納されたデータを元に在庫の確認や価格の計算などといった処理を行い、お客様に情報を表示するとともに、決済や商品発送などの処理を行います。こうした機能は一通り、PHPで開発できます。

最後に、SNSサイトです。
SNSサイトでは、記事やメッセージなどに加え、友達関係やグループなどのデータをデータベースに格納し、特定の友達やグループで記事やメッセージを共有できるようにしています。こうした機能もPHPで開発できます。

PHP活用によって得られるメリットは?

それでは、PHPを実際に活用することで、どのようなメリットが得られるのかをご紹介していきます。

PHPは、利用しているサービスもユーザー数も多いプログラミング言語です。

ユーザー数が多いということで、PHPの関連書籍やインターネット上の情報、プログラミング教室などは多くあります。もともと初心者にも分かりやすいこともあって、PHPはプログラミングスキルの向上がしやすい環境にあるといえるでしょう。

また、多くのサービスで利用されているということは、必然的に求人数が多いことにも繋がります。
PHPのスキルや知識があると就職の面接でPRできる機会が増え、子供の将来の就職活動の選択肢を増やすことにもなるでしょう。

さらにPHPは、フレームワークの種類が多いことも特長です。

フレームワークとはプログラミングの開発の効率化をサポートする機能群のことです。フレームワークを活用すると、複雑な処理を必要とする機能を簡易的なプログラムで記述することができます。

PHPでは利用者が多いこともあり、フレームワークが数多く開発されています。代表的なフレームワークとしては、CakePHP、Zend Frameworkなどがあります。

こうした豊富に用意されたフレームワークを状況に応じて選択できることも、PHP活用の大きなメリットです。

PHPの効果的な学習方法

PHPの効果的な学習方法として、「学習サイトやスマホアプリで学ぶ」、「参考書で得た知識をPHP使用に活かす」、「プログラミング教室で学習する」という3つの方法をご紹介します。

まず、「学習サイトやスマホアプリで学ぶ」です。

PHPは利用者が多いので、初心者が学びやすいように学習ポイントを整理して教えてくれるサイトがいくつも存在します。

それらのサイトでは、PHPに関する豊富な問題や解説が丁寧に説明されています。

そして、実際に問題を解きながら学習することで実践的な力が効率よく身につきます。

最近ではスマホアプリにもPHPを学習できるものが存在するため、移動中などにも時間を有効活用して学習することが可能です。

次に、「参考書で得た知識をPHP使用に活かす」です。

PHPに関する知識をインプットし続けることはWebアプリケーションを開発する上で当然必要なことではありますが、インプットだけでは学習としては不十分です。

そこから実際のアプリ制作にアウトプットをしてみることで、より深い理解に繋がります。

まず流れとして、自分が作ってみたいサイトの機能を見つけ、それを実現する方法が分からない場合に、それに関連するトピックを中心に参考書を読みます。
そして、そこで得た知識を元に、実際に手を動かしながらPHPのプログラミングを行ってください。動作が期待通りに動くか、何回もトライ&エラーしながら進めることになるでしょう。

そうして実践して覚えることでPHPの習得がとても早くなりますし、自分が興味のある分野に絞りながら自分のペースで学習を進めることができます。

最後は、「プログラミング教室で学習する」です。

これまでの方法では、様々なプログラミングのトピックに対してある程度自分でどこから手をつけて学習するか決めて、自分で効率よく進めていく必要があります。

ですが、プログラミング教室を利用すると、自分に合った学習手順を講師の先生から教えてもらえるため、無駄なく効率的にPHPを取得することができます。

また、分からない部分をすぐに解説してもらえることも教室やオンラインで学習することの大きなメリットです。

分からない部分を素早く解決することで、学習の進度が飛躍的に高まり、難しい高度なプログラムもマスターできる環境が用意されていることがプログラミング教室の魅力です。

PHPは習得しやすいからこそ効率的に学習しましょう

PHPは、これまでも説明したとおり、初心者でも気軽に使うことができ、学習しやすいプログラミング言語です。

ある程度学習を継続し色々なことが理解できるようになると、プログラミングに対する面白さや可能性をどんどん感じていき、あとは自然とプログラミングに対する意欲が上がっていく好循環に繋がっていきます。また、PHPの学習をきっかけに、HTMLやデータベースなどといった、動的なWebページを作るときに必要な関連技術も身につけていくことができるでしょう。

習得しやすいPHPだからこそ効率よく学習を進め、自分が思い描くWebアプリケーションを楽しく開発してください。

    関連記事

    1. テクノロジーの発達と男性

      プログラマーになるには?仕事内容とやりがい、目指す上ですべきこと

    2. 正座してパソコンを触る少年

      プログラミング言語Swiftの基礎知識|開発事例と学習時のポイント

    3. プログラミングしている画面

      高校生からプログラミングを学ぶのにおすすめの方法と言語

    4. Webページのソース画面

      Androidアプリのプログラミング言語とは?開発前に知っておきたいこと

    5. プログラムを入力している

      Ruby on Rails入門|初心者でも扱いやすいフレームワークの学び方とは?

    6. プログラムを組んでいる様子

      ゲームのプログラムを作るために必要な言語と効果的な勉強方法