人工知能のメリット・デメリットとは?暮らしや仕事はどう変わる?

握手する人間とロボットの手

現代ではIoT(Internet of Things)やロボット、人工知能の開発が盛んに行われており、今後教育やビジネスシーンの多くに導入されていくことが予測されます。これにより大きなメリットを得ることができますが、その反面デメリットになる部分もあるのです。
ここでは、進化するテクノロジーの一つである「人工知能」を教育やビジネスに取り入れる場合のメリット・デメリットについてお伝えします。

人工知能(AI)の著しい進化

今や毎日のようにニュースで取り上げられている人工知能ですが、このテクノロジーは一体いつから存在し、どのように進化してきたのか紹介します。

人工知能の進化の過程

そもそも「人工知能」という言葉は1950年代に登場し、そこから人間の神経細胞(ニューロン)の特性をコンピュータ上で再現することを目標に開発がスタートしました。その後1970年代前半にいったんブームがおさまるものの、1980年代以降に人工知能の第二次ブームが到来。しかしこの段階では、現代の私たちが知る「人工知能」とは到底かけ離れており、人間のサポートがなければ何の役にも立たないものでした。

ところが、1990年代になるとWeb上に音声やテキスト、画像といった大量のデータがあがるようになります。これによって人工知能がビッグデータを解析し、人間の行動パターンを読むという動きが可能となり、「コンピュータがチェスのチャンピオンを負かした」といった話題が飛び交うようになったのです。

ディープラーニングによる飛躍的進化

2010年代になると、今度は「ディープラーニング(深層学習)」という新しい技術が誕生し、コンピュータの処理能力が飛躍的に向上しました。

ディープラーニングというのは人間の脳の神経活動を再現したニューラルネットワークの最新技術のことで、このディープラーニングを利用することでコンピュータのより深い学習が可能となったのです。

もう少し具体的に例えると、顔を見て人間や犬、猫を判断するシステムがあったとしましょう。これを人工知能にプログラムするには、エンジニアが自分で「人間の条件」や「犬の条件」を細かく教え込む必要があり、それだけでも膨大な時間がかかります。

しかしディープラーニングでは、コンピュータ自らがあらゆるデータを元に「人間の条件」や「犬の条件」を学習することができますので、「人間が教え込む」という作業が必要なくなるのです。

人工知能技術が利用されている具体例

現在では、多くのAI技術が幅広い分野で活用されており、普段私たちが何気なく使っている身近なものにも人工知能が使われていたりします。

・安全技術

車の防犯グッズとして使われている防犯カメラやセンサーも、実は人工知能を活用したもので、人間や他の車を自動で認知して事故を未然に防いでくれます。
また、日本国内の自動車メーカーにおいては、2020年までに全ての新車に自動ブレーキを搭載するとしており、人工知能を活用した車は今後さらに普及すると見込まれています。

・検索サービス技術

人工知能は今やインターネットの検索サービスにも活用されています。
最近ではキーワードを打ち込んで検索するだけでなく、声を拾ってくれる音声検索や画像検索が可能ですが、これは人工知能が声や画像を認識し、ビッグデータ(インターネットやスマートフォンを通した位置情報、行動履歴や、ホームページやテレビの閲覧、視聴に関する情報などから得られる膨大なデータ群)の中から適切な情報を引っ張ってくれているのです。
また、これまではキーワード検索が主流だったため、うろ覚えでは検索することができませんでしたが、人工知能を採用することであいまいな条件からでも欲しい情報にたどり着くことができます。

・家電サービス技術

少し前までは「インターネットに繋がる家電」が注目されていましたが、それもつかの間、今度は「AI家電」が数を増やしています。AI家電はいわゆる頭脳を搭載したロボットと同じですから、私たちの声や動きに反応して自動で稼働してくれます。
その代表的な家電となるのがテレビCMでもおなじみのスマートスピーカーです。スマートスピーカーは人間の都合に合わせた動きができ、スマートスピーカーと接続できる家電は全てスピーカーを介して音声コントロールが行えます。そのため、家事の負担を大いに減らすことができるでしょう。

人工知能を教育やビジネスに活用するメリットとは?

これまで著しい変化を遂げてきた人工知能は、ビジネスや教育シーンでも次々に導入されてきています。その具体的なメリットについてみてみましょう。

人工知能が教育に与えるメリット

人工知能が教育に与えるメリットは主に3つだと考えられます。

・学習の効率化

人工知能のみならず、現在のテクノロジーではARやVRといった画期的な技術が存在します。これらを学習に取り入れることによって、教室にいながらもさまざまな体験をすることが可能です。
また、人工知能を導入して子供の学習意欲を分析させれば、「集中している」「気が散っている」「受け身になっている」などが明確になり、その時の学習意欲に応じた勉強方法を実践できるようになります。

・成績の分析

人工知能はビッグデータの管理や分析、集計といった複雑な作業を得意とするため、人が対応するよりも正確な成績評価データを算出することができます。これにより明確な現状把握ができ、苦手な問題を集中的に学習できたり、自分に合った勉強方法を見つけたりすることも可能です。

・カリキュラムの質の向上

前述したように、人工知能というのは集めた情報の分析を得意とします。そのため、子供たちの成績分析から推奨の学習カリキュラムを作成し、これを教師に提供するということも可能です。
1クラスにはさまざまな生徒が所属しており、全ての生徒に合わせたカリキュラムを作成するのは非常に困難です。しかし、人工知能が効率的且つ質の高いカリキュラムを作成してくれることで教師の悩みは解決、さらに生徒たちも高い教育効果を得ることができます。

人工知能がビジネスに与えるメリット

人工知能はビジネスシーンにおいても大きなメリットをもたらしてくれます。

・労働の負担を減らすことができる

企業で人工知能が導入されることによって、これまで人間がしていた仕事を機械で代替することが可能になります。これによって人員不足の解消や人件費削減、さらに労働に対する負担が大きく改善されることになるでしょう。
また、過酷な労働環境で問題となっている、きつい・汚い・危険といった「3K」の仕事を機械が対応することでリスクの軽減に繋がるといえます。

・生産性を高められる

細かい作業や複雑な業務をする際、人間の場合はどんなに注意をしていてもミスをしてしまうものです。しかし人工知能が対応した場合は、ほぼ100%の正確さを持ち合わせているためヒューマンエラーがなくなります。
さらに、今まで人間が行っていた作業をシステムによって自動化することで、機械と人間の分業が実現し、新しい事業を手掛ける余裕が生まれる可能性もあるでしょう。

・市場や顧客のニーズに素早く気付くことができる

人工知能は大量のデータを即座に調査、解析することができるため、市場のニーズをいち早く把握するのに大変便利です。また、市場のニーズが分かればそれに沿った展開ができ、顧客満足度の向上が見込めるといえます。

人工知能がもたらすおそれがあるデメリットとは?

人工知能にデメリットはないのでしょうか?ここでは、人工知能がもたらすリスクについて説明します。

雇用が減る

メリットの部分で「これまで人間がしてきた仕事を機械で代替できるようになる」と紹介しましたが、裏を返せば私たち人間の仕事がなくなるということになります。これにより、将来はドライバー業や工事関連業といった技術職が減少し、専門性が求められるクリエイティブな仕事の雇用ニーズが高まる見込みです。

とはいえ、技術職の人が急にクリエイターに転職することは難しいので、これにより雇用格差が大きくなることが予想されます。

情報セキュリティのリスクがある

人工知能はネットワークを通じて顧客情報や機密情報を取り扱うため、外部からのハッキングや情報漏洩のリスクが常に付きまとうといっても過言ではありません。外部のみではなく、内部の人間による情報の悪用なども考えられますから、人工知能を活用する場合は高い知識を持った人材を常駐させる必要があるでしょう。

リスクマネジメントが難しい

円滑に業務が回っている時は良いのですが、万が一AIの管理にトラブルが発生した場合は、AIシステムと紐づけされている全ての工程に影響が出ることになるでしょう。もしも会社の全工程をAIと連携していれば、問題が解消するまで会社が機能しなくなる可能性もあります。

そのため、万が一に備えたバックアップ体制を整えるなどのリスクマネジメントが重要です。

人工知能と人間が共存するために

ここまで紹介したように、人工知能には大きなメリットもあればデメリットもあります。その中でも特に心配なのが、やはり「仕事がなくなる」という部分ではないでしょうか?

しかし、人工知能が人間の知能を超えるまでにはあと20年あるといわれていますので、今のうちからAI時代を見込んで“教育して”おけば、子供たちの将来も明るいものとなるでしょう。

    関連記事

    1. 手のひらに乗る病院マーク

      人工知能(AI)の進化で変わる医療の未来とメリット・デメリット

    2. 分析されている脳

      人工知能の歴史|第一次ブームからビッグデータの第三次ブームまで

    3. 高層ビル

      強化学習の特徴とは?ディープラーニングとの違いと活用事例

    4. ガッツポーズの青年

      なくならない職業とは?AI時代の子供たちに身に付けさせたいスキル

    5. ニューラルネットワーク

      ニューラルネットワークとは?AIの基本と機械学習への理解を深めよう

    6. studyと書かれた黒板

      人工知能(AI)に関する資格とは?世界的に進む技術者の育成