プログラミング教育の必要性は?子供の将来への影響と学びやすい言語

タブレットを触ろうとする赤ちゃん

仕事をしていて、プログラミングスキルの必要性を認識させられる機会も増えているのではないでしょうか。2020年から小学生段階でも初歩的なプログラミングが必修化されることから明らかなように、子供のうちからプログラミングを学ぶ必要性が広く認識されるようになってきています。

今回は、小学生のうちからプログラミングを学習する必要性や、小学生が学習しやすいプログラミング言語をご紹介します。

子供がプログラミングを学ぶ必要性

国内外で、プログラミング教育の導入が進んでいます。パソコン活用スキルと同じように、プログラミングスキルを身に付けるのが当然という時代が訪れつつあるのです。

日本のプログラミング教育が本格化する

2020年からスタートする新しい学習指導要領では、小学校でプログラミング教育を必修化することが明記されています。情報活用能力を養成する必要があるとの認識から、コンピュータ等を利用した学習活動の充実が図られます。

プログラミング教育を必修化する目的は、言うまでもなくITの発達や社会のグローバル化に対応できる人材の育成です。テクノロジーの発達でプログラミングスキルへのニーズは高まっているにもかかわらず、そうしたスキルを持つ人材は顕著に不足しています。プログラミング教育の必修化は、こうした現状の打開策になると期待されているのです。

プログラミング教育の内容は初歩的なものにとどまり、仕事に役立つほど実践的なものではありません。それでも、プログラミング教育をきっかけにITへ興味を持つ子供を増やすとともに、プログラミングの過程で必要とされる論理的思考力や問題解決能力を育成できると考えられています。

なお、小学校でプログラミングに特化した教科が新設されるわけではなく、従来の教科の範囲内でコンピュータの活用やプログラミング的思考の育成が図られることになっています。特に、総合的な学習の時間や算数・理科などの時間でプログラミングおよびプログラミング的思考に触れる機会が設けられます。

世界でSTEM教育が進展している

世界的に「STEM教育」のニーズが高まっています。STEM教育とは、科学(Science)・技術(Technology)・工学(Engineering)・数学(Mathematics)の頭文字をつなげた造語で、理数系教育の重要性を強調した言葉と考えられています。

人工知能(AI)やビッグデータなどテクノロジーの発達を背景に、科学技術や工学、数学といった理数系能力を高めることが個人のキャリアの面からも社会の発達の面からも重要なのです。

世界中で、最先端の理数系の専門知識を持つ人材養成に力を入れています。特にアメリカやシンガポール、中国、インドなどの動きが目立ちます。その一方、日本の動きは世界と比較して開始時期・規模ともに後れを取っているのが現実です。

ビジネスでプログラミングは重要視されている

エンジニア以外の職種・業界でも、プログラミングスキルは重要視されています。Apple創業者のスティーブ・ジョブズ氏やMicrosoft創業者のビル・ゲイツ氏、Facebook CEOのマーク・ザッカーバーグ氏など、プログラミングの重要性を説くグローバル企業の経営者も数多く存在します。オバマ前アメリカ大統領も、国家の競争力向上の面からプログラミングスキルを重視していました。

なぜ、システムエンジニア以外でもプログラミングが重要なのでしょうか。その理由は、プログラミングによって幅広い能力を身に付けられるためです。複雑な要件を機能や命令単位に区分けできる論理的思考力、社会とテクノロジーを結びつける能力が広い職種・業界で必要と考えられているのです。

ITは「IT企業」だけで使われているわけではなく、今や社会のあらゆるところで貢献しています。そんな社会において、プログラミングスキルの必要性はますます強まっています。

プログラミング教育が子供の将来に与える可能性

プログラミング教育を受けることで、子供の将来にどんな影響を与えるでしょうか。プログラミングスキルの持つ可能性についてご説明します。

課題解決力を磨くことができる

プログラミングの初歩だけでも学ぶことで、課題解決能力を磨くことができます。プログラミングというのは「課題のかたまり」であり、しかも、そのプロセスでも多くの課題が生まれます。プログラミングの初学者は、漏れなくこれらの課題へ立ち向かうことを余儀なくされるのです。そもそも、コードの中にスペルミスが一つあっただけで全体が指示したとおりに機能しなくなるのがプログラムというものです。

プログラミングを通じて、問題に対して論理的に思考し、解決策を導き出す経験を積めます。思考力を養えるのはもちろん、課題に向けて粘り強く諦めないで取り組むメンタル、課題解決のために教師や仲間を巻き込むコミュニケーション力なども含まれます。課題解決能力を身に付けるのに、プログラミング教育は絶好の機会と言えるでしょう。

時代の変化に対応しやすくなる

プログラミングの基礎だけでも学んでおけば、急速なテクノロジーの変化に対応しやすいと考えられます。確かにプログラミング言語はたくさんありますし、急速な進化を遂げているので「○○を学んでおけば大丈夫」というものではありません。しかし、プログラミング言語の核となる考え方はある程度共通していますので、一つ言語を身に付ければ二つ目以降の言語の習得スピードは上がります。

今後の世の中の変化を考えると、やはりAI(人工知能)やビッグデータはキーワードとして外すことはできません。こうしたテクノロジーにプログラミングは必須であることを考えても、プログラミングを学んでおけば対応しやすいでしょう。

就職で有利になることがある

より実用的な面として、就職・転職活動でプログラミングスキルは重宝されます。IT分野の人材不足が、今後ますます深刻化すると予想されているからです。

経済産業省の調査によると、2030年段階でIT人材は最低でも41万人、最大で79万人も不足するとされています。調査を実施した2015年時点でさえ、約17万人の不足と推計されていることからしても、プログラミングのできる人々へのニーズはきわめて高いと考えられます。

プログラミングを学んでおけば、有名企業への就職に有利です。また待遇のよい職場を選びやすくなり、「高収入を目指したい」「在宅ワークがしたい」「フリーランス(フリーエンジニア)になりたい」「育児と仕事を両立させたい」など希望の働き方を叶えやすくなると考えられます。

【出典】
IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」(経済産業省)p.7

子供が取り組みやすいプログラミング言語

数多くのプログラミング言語がある中で、子供でも学べるものはあるのでしょうか。ここでは、比較的勉強しやすいと思われる言語を6つご紹介します。

Scratch

Scratch(スクラッチ)は、教育用として開発されたプログラミング言語です。かわいらしいキャラクターが出てくるので、子供が最初に触れるのに最もおすすめです。

キーボードではなくマウスの操作でプログラミングができ、しかも特別な開発環境を整備する必要がありません。学習のための前準備が不要なので、取り組みやすさは他の言語と比べても群を抜いています。

HTML

HTMLは、ほとんどのWebページで用いられる言語です。HTMLを習得すれば、リンク表示や段落分けなど、Webページで必ず目にする機能を自由に実現できるようになります。できあがりのイメージがわきやすいので、初学者でも学習のモチベーションの続きやすい言語と言えるでしょう。

Python

Pythonは、AI開発に広く使われているプログラミング言語です。最先端に触れさせたいという方は、Scratchから入ってPythonを次に学ばせるとよいでしょう。構文が比較的シンプルであり、理解しやすいのがメリットです。

Ruby

RubyはWebサイトやWebを基盤としたサービスの開発に使われる言語です。Python同様に構文がシンプルであるのに加え、日本人が開発したというのが最大の特徴と言えます。他の言語と比べても日本語の説明資料が豊富であり、学習しやすいです。

PHP

PHPも、HTMLと同じくWebサイトの構築に役立つ言語です。学びやすい言語で人気が高い分、エラーが出たときに参考にできる情報もたくさん出されています。やはり未経験者でも学びやすい言語の一つです。

JavaScript

JavaScriptは、Webサイトの機能や表示を充実させるのに欠かせない言語です。HTMLを学んだ後に習得できれば、より美しく機能の充実したWebサイトを作れるようになります。スマホアプリやゲームの開発にも、広くJavaScriptが使われています。

今後プログラミングの必要性が下がるとは考えにくい

プログラムがあらゆる業界、あらゆる地域で使われるようになった現在、プログラミングスキルの需要は高まり続けています。今の子供が大きくなってからも、言語のトレンドが変わったとしてもプログラミングスキルやプログラミング的思考能力が不要となることはないでしょう。

子供に無理強いしては意味がありませんが、無理のない範囲で少しずつプログラミングに触れさせることをおすすめします。ぜひプログラミング教育の教材やWebサイト、プログラミング教室などを活用してみましょう。

    関連記事

    1. 合格ハチマキを巻いている熊

      子供が取れるプログラミングの資格|取得する方法とメリットは?

    2. C言語プログラミングコード

      C++でできることとは?C言語との違いとメリット・デメリット

    3. パソコンを持つ男の子

      これからのプログラミング教育について

    4. プログラムを入力している

      Ruby on Rails入門|初心者でも扱いやすいフレームワークの学び方とは?

    5. パソコンを見て驚く少年

      プログラミング教育必修化の狙いとは?目的と課題、親ができること

    6. #programing

      Javaの特徴とほかの言語との違い|どんなものを開発できる?